クレジットカード審査に落ちたら

6314bacdd6834f8c244b9219e6bc43ec_m

クレジットカードの審査に落ちたら、落ち込んでばかりはいられません。
審査に落ちたら、なぜ落ちたのかを考えましょう。
原因がわかれば、次につなげることができます。
審査落ち原因を解決できれば、次は審査に通ることができるでしょう。

クレジットカード審査に落ちて、やってはならないのはすぐに別のクレジットカード会社に申込みをすることです。
クレジットカードがどうしても欲しいときは、やってしまいがちなのですがやめておきましょう。

クレジットカードに申込みをすると、個人信用情報機関に登録がされます。
個人信用情報に申込み記録がある時点でまた申込をしてしまうと、多重申込となってしまいます。
多重申込はお金に困っている人が行う行為とされています。
クレジットカードをたくさん発行し、使い倒して自己破産をするつもりなのではないか?といった風に思われてしまうのです。
そのためクレジットカードの審査通過は難しくなります。

また個人信用情報に申込み履歴はあるのに契約情報がなければ、どこかのクレジットカードに審査落ちしたことがわかります。
他社が審査落ちさせているのは、何か問題があるためと考えるのは当然でしょう。
そんな信用が低い人なら自社でもクレジットカードを発行するのにはリスクが大きすぎるとして、審査に落とされることが多くなるのです。

クレジットカードの審査に落ちて次チャレンジするときは、6ヶ月あけるようにしましょう。
個人信用情報の申込履歴は、6ヶ月経過すると自動的に消えるシステムです。
6ヶ月経過すれば申込をしていることが他社にはわからず、多重申込とはなりませんし、審査落ちしたことを知られることもありません。
審査通過できる可能性が出てくると思われます。

審査落ちしたクレジットカードに、再度申込をしても良いの?という質問がよくあります。
一度審査落ちをしたとしても再申込みをしてはいけないという決まりはありませんし、今後一切審査に通らないということもありません。
審査落ちの原因を解消できていれば、再申込みで審査通過できる可能性はあります。
この場合も審査落ちをしてから、6ヶ月間はあけてから申込をしましょう。
短期間に何度も申込をしてしまうと、クレジットカード会社内のブラックとなることがあります。
社内ブラックになるとそこが発行するクレジットカード、すべての審査に通りにくくなってしまいます。
どんなに欲しいクレジットカードでも、しつこく何度も申込をするのはやめた方が良いでしょう。