クレジットカード審査通過に必要な年収

622a2d6d755044a287b225a021a44c62_m

どのくらいの年収があれば、クレジットカード審査に落ちずに済むのか?と気にする方は多いです。
クレジットカード審査では、年収が高い方が有利ではあります。
年収が高ければ、自由に使えるお金が多いためです。
年収が低いと最低限の生活費を支払うだけで、お金に余裕がないとなってしまいますからね。

ただクレジットカードの審査で、年収はそれほど重要視されていないようです。
クレジットカードの審査では、安定した収入が必要になります。
毎月定期的に収入があれば、年収が低くても良いという審査を行っているのです。
たとえば半年に1回しか収入がなく年収が1,000万円ある人と、毎月10万円のお給料で年収は120万円の人だったら、安定性があるのは後者ということになります。
よって年収が低くても、後者の方がクレジットカード審査に通りやすいとなるのです。

クレジットカードの審査に通りたいために、申込時に実際より高い年収を記入する人もいます。
クレジットカードの審査では正確な年収は調査しませんので(収入証明書の提出が不要の場合)、多少高く申告をしてもかまわないと言えます。
ただあまり実際とかけ離れた金額にしてしまうと、審査でウソだとばれてしまいますので気を付けましょう。
だいたいの年収は年齢、勤務先、勤続年数、雇用形態といった項目により、推測することができます。
なので高すぎる年収を申告すると、すぐにばれてしまうのです。
正直に申込をするようにしてください。

それでもどのくらいの年収があれば良いのか?!という方のために、目安となる金額を教えておきましょう。
クラシックカードだと、年収200万円あれば審査通過できやすいようです。
ただあくまでも目安ですので、それ以下でも審査通過できる可能性は十分あります。
100万円以下の年収でも発行されている例がありますので、200万円という数字はあまり気にしなくても良いと思われます。

またゴールドカードですが、低年会費ゴールドカードなら200万円、年会費1万円程度の一般ゴールドカードだと400万円くらいの年収が必要なようです。
ブラックカードクラスになると、年収1,500万円以上ないと審査落ちするクレジットカードもあるようですね。
高ステータスクレジットカードのダイナースクラブだと、最低でも500万円の年収がないと審査通過はできません。
年収が高い人は、ゴールドカード以上のクレジットカードを狙ってみても良いでしょう。