クレジットカードの審査に落ちない年齢

3607f78841644316b6fe870c3fae9c3c_m

クレジットカードは発行できる年齢があります。
基本的に審査通過できるのは、満18歳以上(高校生を除く)です。
18歳以下は、どう頑張っても審査通過することはできません。
たとえ高い年収を得ていてもです。

クレジットカードを発行できる上限年齢は、特に決められていません。
クレジットカードによっては、「69歳まで」などと独自に設定していることもあります。
ただ高齢になればなるほど、クレジットカードの審査通過は難しいと思われます。
60代、70代で新規発行できるクレジットカードは全くないわけではありませんが、限られてしまうでしょう。

高齢になると年収が下がるケースが増えます。
年金生活になると現役時代より収入が減ってしまうでしょう。
お金に余裕がなくなると考えられ、クレジットカードの支払いい回すお金がなくなる可能性があります。
また高齢になると、病気のリスクも高くなります。
もし会員が死亡してしまったら、残高は返済してもらえません。
クレジットカードは保証人や担保なしなので、会員本人が返済できなくなったどうしようもないのです。
そのため健康問題に不安がでやすい年齢になると、クレジットカードの審査には通りにくくなってしまうのです。

クレジットカードの審査に通りやすいのは、20代の若い世代になります。
クレジットカード会社は若いうちから取り込みを行い、長い付き合いになることを目指しているためです。
それにもしクレジットカードの支払いができなくなったとしても、若ければこの先長いです。
返済してもらえる日がくるかもしれなく、貸し倒れリスクが低いと判断できるためです。
現在は学生でもクレジットカードは発行できます。
就職するにしても進学するにしても、高校を卒業したらクレジットカードを発行しておくのがおすすめです。

ただ18歳、19歳のクレジットカード審査では、親権者の同意書を提出しなければなりません。
まだ未成年なので、自分だけでの責任でクレジットカードを発行することができないためです。
親の許可をもらってから、クレジットカードに申込みをしましょう。
もし親に「クレジットカードなんてまだ早い」と反対されてしまったら、20歳になってからクレジットカードに申込みをしてください。
親権者の同意書を偽造して、クレジットカードの審査に挑む…といった行為はやめましょう。
返済が遅れたなどで親に連絡が行くと、家庭内トラブルの原因となってしまうかもしれません。