申込方法でクレジットカードの審査結果が変わる?

3607f78841644316b6fe870c3fae9c3c_m

クレジットカードには、いくつかの申込方法があります。
オンライン、書類、店舗、電話などから、いずれかを選択することができます。
申込方法によって、クレジットカードの審査結果が異なることはあるのでしょうか。
もしあるなら、審査に通りやすい申込方法を選びたいですよね。

クレジットカードの審査は申込方法により、甘くなったり厳しくなったりすることはありません。
どの方法でも同じですので、自分の都合の良い申込方法を選んでください。

クレジットカードの申込方法で、おすすめなのはオンラインでしょう。
24時間好きなときに申込みをすることができますし、クレジットカード会社が受け付けるのも早いです。
審査も発行も早くおすすめです。
郵送申込だと申込書がクレジットカード会社に届くまで数日かかってしまいます。
さらに申込書の情報を、コンピューターに入力しなければなりません。
審査結果が出るまでの期間が長くなってしまうでしょう。
申込をしたことを忘れた頃にクレジットカードが届く…、ということになりかねません。

ただ新規申込キャンペーンを行っている店舗では、審査が甘くなることがあるようです。
キャンペーンを行っているのは、新規顧客を獲得したいためです。
そのため審査がいつもより甘くなり、入会しやすくなっている傾向にあるのです。
また店舗やスタッフに「期間中に○○人を入会させる」といった、ノルマが課せられていることがあります。
申込者が審査通過できるように導いてくれることがあり、審査通過しやすくなるようです。

店舗だとスタッフに質問をしながら、申込書を作成することができます。
わからないところは空欄のままで提出…といったことをしなくても良くなります。
申込書に空欄や間違いがあると、クレジットカードの審査には通りにくくなります。
店舗申込だと、書類の不備による審査落ちを防止できると思われます。
少しでも審査が甘いクレジットカードが良いなら、こういった店舗のキャンペーンを狙うと良いでしょう。

店舗での入会キャンペーンは、スーパー、百貨店、コンビニ、家電量販店、ドラッグストアなど、流通系のクレジットカードがよく行っているようです。
いつも行く店舗で入会キャンペーンを行っていたら、クレジットカードに申込みをするチャンスかもしれません。
流通系のクレジットカードは年会費無料や割引などがあるものが多いです。
審査に通りやすいだけでなく、お得度も高いのでおすすめです。