固定電話があるとクレジットカード審査に通りやすい

17196336a11f0b6ef82a40d5778d1ef1_m

クレジットカードの審査では、常に連絡が付く会員であるかが重要なポイントです。
クレジットカードを発行した後、会員と連絡が付かなくなってしまったらどうなるでしょう。
支払いが滞っているのに、督促の電話がつながらい、督促状も届かないとなると、クレジットカード会社は支払いを要求することができません。
支払いがされなくても、泣き寝入りをしなければならなのです。
そうなると損害が大きくなってしまいます。
なので常に連絡が付く状態を保ちたいのです。

そこで重視されるのが、固定電話の有無です。
クレジットカードの申込時は、電話番号を記入する欄があります。
携帯電話と固定電話があるなら、どちらも記入しておきましょう。

ただいつでも連絡が付くとなると、携帯電話の方が良いのでは?と思いませんか?
家を留守にしがちだと、固定電話に電話されても出ることができません。
携帯電話ならいつでも出ることができますよね。
しかし携帯電話は、カンタンに番号を変更することができます。
クレジットカード会社からの督促を避けたいからと、携帯番号を変えられてまい、引っ越しをされてしまうとどうにもなりません。
実際にこういった例は多く、クレジットカード会社は頭を悩ませているようです。

一方固定電話は、コロコロと番号を変えることは難しいです。
それに固定電話があるということは、そこに長く住むつもりである証拠にもなります。
固定電話の方が、いつまでも会員と連絡が付きやすいことになるわけです。

現在は携帯電話があれば事足りますので、固定電話がない家庭も増えてきました。
特に若い世代は、固定電話がなくて当たり前となっているようです。
そのため以前よりは固定電話の有無にこだわるクレジットカードは減ってきたようです。
固定電話が審査通過の必須条件だと、クレジットカードの会員を増やすことが難しいですからね。
それでも固定電話がある方が、クレジットカード審査が有利になることは変わりはありません。
審査落ちが続くなら、思い切って固定電話を敷いてみるのもおすすめです。

法人向けクレジットカードでは、固定電話がないと審査通過できないものもあるようです。
携帯電話だけだと本当に法人としての事業所があるのか、本当に事業を行っているのかの判断が難しくなるためです。
個人向けクレジットカードなら携帯電話だけでも審査通過は可能ですが、法人向けクレジットカードの審査通過には固定電話は必須と言えるでしょう。