借入が多いとクレジットカード審査に落ちる

3607f78841644316b6fe870c3fae9c3c_m

近年はキャッシングがしやすい状況にあります。
消費者金融だけでなく銀行も個人向けのカードローンに力を入れており、手軽に現金を借りられるようになったと言えるでしょう。
審査もそれほど厳しくなく、アルバイトや学生でも借りることができます
ただ借入が原因で、クレジットカードの審査に落ちてしまうことがありますので注意をしましょう。

借入件数が多いと、多重債務であると考えられます。
この状態では、返済能力があるとは思えません。
クレジットカードに申込みをしても、審査に落ちてしまうと考えられます。
借入金額が多すぎるのもダメです。
毎月の返済額が高くなるほど、クレジットカードの返済はできにくくなるでしょう。
クレジットカードを使っても支払いができないと判断され、審査に通ることが出来なくなります。

そして総量規制が影響をすることもあります。
総量規制は年収3分の1以上の借入ができないと定めている法律です。
すでに年収3分の1近く借入枠を持っていると、クレジットカードを発行するのは難しくなるでしょう。
ただ総量規制が影響するのは、クレジットカードではキャッシング枠のみです。
ショッピング枠は総量規制の影響は受けませんので、キャッシング枠を付けなければクレジットカードの審査に通る可能性はあります。
総量規制が気になる人は、キャッシング枠はゼロで申込みをしてください。

またクレジットカードをすでに持っていて、利用している場合も審査に落ちることがあります。
利用残高が高すぎると、新たにクレジットカードを使うと支払いができなくなる可能性が出てくるためです。
特にリボ残高が多いと、審査に悪い影響を及ぼすことが多いようですね。

キャッシングに力を入れているクレジットカードもあります。
キャッシングをすでに使っていれば自社でも借りてくれるかもしれないと、審査通過しやすくなるクレジットカードもあると言われています。
しかし借入はあるよりない方が、審査には有利になるでしょう。

借入の状況は個人信用情報機関に登録されています。
クレジットカードの審査では、必ず個人信用情報は参照されることになります。
申込時に借入があるのになしとしたり、借入金額や借入件数を少なくしても審査ですぐにばれてしまいます。
故意に虚偽を申請したとなると、不真面目で信用できない人としてクレジットカード審査に落とされてしまうでしょう。
借入が多い人は、少しでも減らしてからクレジットカードに申込みをするのがおすすめです。