クレジットカード審査に落ちやすい雇用形態とは

6314bacdd6834f8c244b9219e6bc43ec_m

クレジットカードに申込みをした後は、審査に通過するかドキドキするのではないでしょうか。
クレジットカードは、さまざまな項目により審査が行われます。
まず見られるのが、雇用形態です。
一番審査通過しやすいのは、公務員や正社員です。
安定した雇用形態で、職を失う可能性が低いためです。

アルバイト、パート、契約社員などは、クレジットカードを発行できないことはありません。
ただ公務員や会社員よりは、審査に落ちる可能性が低くなります。
非正規社員は雇用形態が安定しておらず、いつクビを宣告されるかわからないためです。
会社の業績が思わしくなくなったとき、最初に行われるのが人件費のカットです。
その対象となりやすいのは非正規社員です。
契約を更新してもらえなくなると収入が途絶え、クレジットカードの返済ができなくなります。
そのため非正規社員は、審査落ちしやすくなるのです。

また勤務先も、審査に影響を与えます。
有利なのは一流企業です。
上場一部の誰でも知っているような企業だと、審査に通りやすくなります。
経営危機に陥る可能性が少ないですし、それなりに年収もあると判断できるためです。
その次は中小企業→零細企業→個人経営といった順になります。
勤務先が個人経営だと、正社員でも審査は通りにくくなってしまいます。

そして非正規社員よりも、評価が低くなりがちなのが自営業者です。
自営業は安定した収入を得ることが難しいです。
今月の利益は先月の半分…なんてこともあり得ます。
また経営が安定していなければ、経営破たんをするとも考えられます。
クレジットカードを発行しても貸し倒れリスクが高いとされてしまうのです。

以前クレジットカードは、会社員しか持つことが難しいものでした。
ところが雇用形態の多様化が進み、非正規社員として働く人たちが増加しました。
会社員だけが発行対象となると、クレジットカードの会員数を増やすことが難しくなってしまいました。
そのためクレジットカード会社は、非正規社員でもクレジットカード審査に通過できるようにしたようです。
非正規社員にとっては、ありがたい変化ですね。

特に勤続年数が長いと、非正規社員でもクレジットカードの審査に通過しやすくなっています。
勤続年数が短い正社員よりも勤続年数が長いアルバイトの方が、審査では評価が高くなるクレジットカードも多いです。
正社員じゃないからとっクレジットカードの発行をあきらめる必要はなくなったと言えるでしょう。